デザートだけじゃない、おかずとしても有能なりんご7976!

りんごはおやつやデザートとして食べられることが多いですが、ご飯のおかずとしても活躍します。りんごのおかずには、サラダと一緒にスライスして食べたり、ソースにして肉などにかけたりといったものや、焼りんごを肉で包むりんごの肉巻きなどもあります。 りんごをサラダに混ぜるときは、刻んだりスライスしたりすると食べやすくなりますよ。野菜やドレッシングと一緒に食べることで、そのまま食べるのとはまた違った触感を楽しむことができます。また、りんご自体に味があるので、葉物野菜のくさみを感じにくくしてくれますよ。捨ててしまいがちなりんごの皮ですが、この部分には抗酸化作用のある物質が多く含まれています。ですので自宅でりんごを調理しておかずに活用する際には、皮ごと使うとより健康的です。焼いたり煮たりすれば皮ごとでも食べやすくなります。そのほかのりんごのおかずだと、衣をつけて揚げて天ぷらにするという方法もあります。りんごの甘酸っぱさはご飯と一緒に食べるおかずとしても最適です。火を通せば酸っぱさが飛んで甘みが強くなるので、好みで調理の仕方を変えると飽きがきません。また、白和えに混ぜることで、和風料理としても活用できます。

りんご7976を選ぶときは色・大きさ・重さを確認します

りんご選びは色の確認から行います。底の方まで赤いものは熟していて、上の方は赤いのに底が緑っぽいものは完熟しておらず、甘さよりも酸っぱさを強く感じる味であるといえます。青いリンゴの場合は、全体的に色むらが少ないものがよいです。大きさは中くらいのものが無難です。大きいものは味に当たりはずれがあるからです。次にりんごを手に持ってみましょう。ずしりと重みを感じるものは果汁がつまっている証拠です。軽いものは水分が抜けてみずみずしさに欠けると考えられます。