サラダに和えるだけのりんご7976の使い方はもったいない

ポテトサラダでは、ジャガイモをつぶしたものとマヨネーズを和えて、それ以外にいろいろな野菜を入れます。ただ、野菜だけでなく果物も使います。少し酸味が欲しい時にはミカンの缶詰の粒を入れたりするでしょう。甘みと食感を加えたいときに使うと良いのがりんごです。皮がついたまま薄切りにして和えておきます。すると食感も良くなり、適度な甘みが得られます。りんごのおかずとしては、生のままサラダに和えるぐらいしか思いつかない人がいますが、それは非常にもったいないです。スイーツでも加熱をしますが、おかずの時にも加熱をするとうまく使えますよ。肉料理との相性が良く、ステーキやとんかつなどのソースに加えるとうまみが増します。すったりんごジュースを加えて少し煮込むだけで、普段とは違ったソースが作れます。意外に合うといわれているのが、りんごがたくさん入った味噌汁です。ジャガイモなどのイモ類を入れたりしますが、りんごだと甘すぎるような気がするでしょう。それがちょうどいい食感と味になります。りんごだけを具にしてもおいしいですし、いろいろな具材の一つとしてりんごを使うのもいいでしょう。りんごのうまみが汁の方に出るくらいになると、よりおいしく感じます。

りんご7976のお菓子を手軽に作ろう!誰からも喜ばれる一品

りんごは生のまま食べるだけではなく、お菓子の素材としても利用されています。市販されている冷凍の生地を使えば、誰もが簡単にアップルパイを作ることができます。さらに、スライスしたりんごに干しブドウを加えてヨーグルトであえれば、夏にぴったりな一品になります。尚、薄くスライスしたりんごをレモン汁につけておけば、茶色に変わることがありません。ほかに、丸ごとオーブンで焼き上げる焼きりんごも大人気のお菓子です。