今注目の温りんご7976ダイエットとは?効果とレシピを詳しく解説!

今、温めたりんごを食べるダイエット方法である温りんごダイエットが注目を集めています。 なぜ、温めたりんごを食べるだけでダイエットできるのでしょうか?それは温りんごには汚れた腸を綺麗にする効果があるからです。 りんごを温めるとアップルオリゴペクチンが増加します。このアップルオリゴペクチンは腸内の活性酸素を消去してくれる働きがあります。活性酵素はがんや動脈硬化の原因となるなので、温りんごを食べることで腸内を健康に保つことができるのです。 また、りんごは量のわりにカロリーが低く、食物繊維が豊富な果物です。りんごを食べることで少ないカロリーで満腹感を得ることができる上、便通をよくしてくれるので腸内が綺麗になり太りづらい身体にすることができます。 さらにりんごは他の果物に比べて、静菌作用が強く腸内の悪玉菌を抑える作用が強いことが研究結果によってわかっています。 このように温りんごには腸内環境を良くし、太りにくい体質に変えるダイエットの効果があるのです。 さて、次に温りんごの作り方ですがこれは非常に簡単です。一口大に切ったりんごをレンジで一分半チンするだけ。りんごがグダグダにならずしんなりする程度温めるだけでいいのです。お好みでシナモンやはちみつを加えるとより美味しくいただけます。朝食に食べると効果絶大です。 簡単に健康的に痩せることができる温りんごダイエット、ぜひ試してみてください!

朝りんご7976は金?皮は剥く?効果を高めるためにおすすめの食べ方とは

「一日に1個のりんごで医者いらず」「朝は金なり、昼は銀なり、夜は銅なり」。どちらもイギリスのことわざです。 りんごに含まれる糖分は吸収が早く、すぐに脳や身体のエネルギーに変わります。また酵素や食物繊維は、代謝アップや消化促進に効果があります。だから朝に摂るのが効果的なんですね。 ほかにも、有機酸、カリウム、ペクチン、ポリフェノールとたくさんの栄養素が含まれています。日本人はりんごの皮を剥いて食べることが多いですが、ペクチンやポリフェノールは皮に多く含まれていて、整腸作用や活性酸素を抑える働きがあります。栄養的には皮ごと食べた方がおすすめですよ。